電気圧力鍋が最強すぎた話

電気圧力鍋が最強すぎた話

僕は今まで様々な天才的料理を作ってきました。

 

話題の「カップヌードルお好み焼き」を作ったがうまい

カルボナーラ作った

アヒージョつくった

などなど。

今まで料理なんてほとんどしてこなかった僕ですが結構料理は楽しいと思ってます。

ただ非常に時間がかかるんです。
材料を炒めてる間とか煮てる間とか見張ってなきゃいけない。

ぼくは楽して上手いもの食べたい!!!!!

 

そりゃ手間暇かけて料理つくるのもたまにはいいですけどね、どうせ腹に入っちまえば一緒なんですよ。

 

わがままジジイなので「料理したぞ感」は出したい、そんな僕にこんなものが見つかりました。

 


 

 

電気圧力鍋」ってやつです。僕が買ったのはsirocaってメーカーのやつ。

 

僕は知らなかったんですけど最近結構ブームらしいです。

僕くらいになると流行を知らなくてもいつの間にか流行に乗れるようになるんですね(

 

レシピついてきたんで、まずは手始めに肉じゃがを作ることにしました。

圧力鍋といえば肉じゃが、カレー。

ドラクエといえばスライム。ポケモンといえばコラッタ。

 

初心者はまずここから攻略していかなければなりません。

ど田舎を抜け出したイキったクソガキがいきなり魔王に挑戦してはいけません。

 

 

手順は簡単、具材を切って(レシピにはくし切りだのなんとか切りだのワケわからん切り方が記述されてましたが僕は別に剣士になるつもりはないので適当に切りました。これが漢の料理ってワケ)

 

 

もととなるスーパーエキスをつくって(今までは大さじとか適当だったんですけど、計量スプーン買ってちゃんと測って作るようにしたら3倍くらいうまくなりました。偉大すぎる。)

 

 

ちょいと炒める(炒める必要ない気もしますがまずはレシピ通りにすることで出来上がった時の感動度をあげます)

 

鍋に突っ込んで圧力鍋をセット。なんと肉じゃが用メニューが用意されてます。

あとはスイッチ入れて20分スプラトゥーンしてれば勝手に出来上がります。

 

 

 

 

完成。

 

 

・・・

 

 

うますぎる。

自分で煮てこんなにジャガイモとニンジンが柔らかくなったことない。

 

完全に料理への意識が変わりました。

材料買って切って鍋に突っ込んで待つだけ。超絶めんどくさがり人間であるところの僕にぴったりの道具でした。

60種類くらいのレシピが載った本がついてきます。いろいろ作ってみたくなりました。

今回買ったのは2Lです。2人暮らしでちょうどいいくらいです。子供もいるよみたいな方は4Lとかでもいいかもしれないです。

 

一人暮らしの方にも絶対おすすめです、自炊が楽しくなりますわよ。

 

 

これは後日奥さんがこれで作った食べかけのビーフシチューです。

これに関しては前工程で炒めたりせず完全に切って待つだけ。最後にルーを溶かして終わり。

 

マジでうまい。自分で変に煮込むより安心できます。