100日後に死ぬワニに学ぶ大人たち

100日後に死ぬワニに学ぶ大人たち

f:id:snoop_npnp:20200322181030j:plain

100日後に死ぬワニ、死んでしまいましたね。

内容に賛否両論ありましたが、僕はよかったと思います。
別に作者をフォローしてたわけでもないですし、たまたまTLに流れて来たら見る程度だったんですが、残り20日くらいになったあたりからめちゃくちゃ話題になっててびっくりしました。

ちらっとテレビ見たら特集されてて、えぇ…って感じでした。
僕はインターネットに毒されているので、インターネットで流行っていることはインターネット内だけでバズっててほしいんです。

メディアに取り上げられちゃうとなんか萎えるんですね。

インディーズの頃から応援してたアーティストがメジャーデビューしちゃうような感覚です(?)

もう最後は日本中が見守る大人気作品になってましたね。

作品としてはすごくよかったと思います。僕みたいに毎日だらだら過ごしてるような人には響いたんじゃないでしょうか。僕は響きました。
なので今後は新しいこと見つけていきたいと思います。ありがとうワニ。

まあそれはどうでもよくて、100日目の昨日の夜のTLのソワソワ具合がとんでもなかったですね。
毎日19:00更新なのに昨日は上がらず、5分前まで「ワニくん死なないでーー!!」って言ってたのに10分後には

早く死ねーーーーー!!!

ですからね、人間の本性を見たような気がします。

「作者はワニくんで100日目は死んでしまったのでもう上がらない説」も提唱されてました。
僕もしてました。



そんで100日経ったあとすぐに書籍化やら映画化やらが発表されたと。
いや別にそれはいいんですけど、せめてワニくんが死んで悲しむ時間くらいはほしかったっすね。

クリエイターが作ったコンテンツがバズればそれは収益化につながるし、今回のことをチャンスにして世に出してくのは当たり前なことだと思うんです。

でも、タイミング早過ぎない???

完結した途端メディア化だーグッズ化だーって言われたらそりゃいくら作者が弁明したところで仕込みが疑われるのは当たり前だと思うんですけど、どうなんでしょうね。しかも死を題材とした作品で、ですよ。

まあ僕はちょっとこの件でなんだかなって思ってただけなんですけど、手のひら返したTwitterの方々が多いこと多いこと。

挙げ句の果てに普通に作品楽しんだ人に向かって「お前踊らされてるだけだよ??目さましな??」みたいなこと言ってる人が出てくる始末。
お前昨日までワニくんワニくん言ってたやんけ・・・

別にやり方に激怒するのは良いと思います。それを「楽しんでる人」にぶつけないでくれってことです。

楽しんでる人にそのコンテンツのネガティブなこと言う人犯罪にしません???

大学時代いましたよ。友達が麻雀やってて、その真後ろで

「俺麻雀の何がいいか全くわかんないんだよね。絶対やらん」

って言ってる奴がいました。

その時の空気。凍りついた音が聞こえました。温厚な彼もこめかみがピキってなってました。

義務教育を受けて来た人は「人が嫌がることは言ってはいけません」と習うはずです。

幼卒なんでしょうか。かわいそうですね。

最近のTwitterはドロドロしてて嫌ですね。
コンテンツが無料で見れるのが当たり前になって来たこのご時世、クリエイターが収益化しづらい世界にはならないでほしいです。

↓お布施はこちら

www.amazon.jp

ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村