結局僕はボカロから卒業できていなかったと気づいた

結局僕はボカロから卒業できていなかったと気づいた

明けましておめでとうございます!!!(迫真)

 

気づいたら桜が散ってました。GW間近突入。人はこうやって気づいたら歳をとって死んでいくんだなって感じですね。

 

僕は今年28になるんですけど、高校・大学の頃はニコニコ動画・ボーカロイド全盛期で、同世代のオタクたちは少なからず関わりがあったのではないでしょうか。

僕も例に漏れずあの頃はオタクだったので、ゲーム実況・歌ってみたは結構ハマってましたね。

ただ、ボーカロイドの曲は好きなんですけど、どうもあの”機械が歌ってる”感が苦手で、原曲はあまり聴かずに「歌ってみた」ばかり聴いてました。

男性も女性も歌い手はよく聴いてましたが、歌い手をあまり聴かなくなった今も結局好みは一緒で、「歌が上手い人」が好みでした。

 

「当たり前やん」って思われそうですが、特に女性歌い手なんかはロリボイス系歌唱力お化けに分類されてるじゃないですか(僕調べ)。

前者だとななひらを筆頭に桃箱とか。(ななひらが強烈すぎて他思い出せない)

後者だとれをる祭屋96猫おん湯etc… など。

 

れをるなんかはReol名義で今でも活躍しててとてもうれしい。去年ライブいきました。最高。

 

男性歌い手もネタ系歌唱力お化けに分類されるので(僕調べ)、結局男女問わず歌うまい人の動画に行きついてしまうんです。

 

まあもう僕もアラサーになりましたので、いい加減中高生の人気コンテンツであるところのボーカロイドからは卒業したんです。したと思ってたんです。

 

まあなんでこんな話してるかっていうと、今年大ブレイクした「うっせえわ」という曲について、まだそこまでバズってなかったころに初めて聴いたんですが、久しぶりに衝撃的な曲聴いたなって思ったんです。

 

 

僕は基本歌聴く時に歌詞には大して興味なくて、「メロディーが自分に合うかどうか」と、「歌い方」を重視してます。自分に合う曲調でメッチャ上手い歌だったら、歌詞が全部うんこでも問題ありません。嘘です。

んで、この曲を歌ってる「Ado」という人、聞くところによるとまだ高校生らしい。化け物か。

僕は音楽素人なのでプロの意見は存じ上げませんが、この曲調にすごく合った歌い方してるなって思います。あのがなり声とかすごい。

これをななひらが歌うと一気に電波ソングになりそう。てか既に歌ってそう。

数回聴いただけでカラオケで歌えるようになりました。これ結構自分の中で衝撃的で、曲聞くだけでカラオケ歌えるようになるのって、平均20回くらいは必要なんです。

こんな中毒性のある曲、いったい誰が作ってるんだろう・・・!

作詞・作曲:syudou

・・・

ボカロPやないかい。

僕が知ってるボカロ曲はなかったんですけど、結構曲出してるみたい。セルフカバーもしてるみたいだし、今度聴いてみようと思います。

 

んで、このAdoさん、先日も「踊」という曲をリリースしまして、こちらも大変おハマらせていただきました。(丁寧語)

 

こちら、作詞・作曲・編曲を見ておったまげました。

作詞:DECO*27

作曲・編曲:Giga, TeddyLoid

知ってる名前がずらりと並んでる。

 

これを知った僕は真理に辿りついてしまったのです。

 

「オリジナル曲とはいえ、歌ってみたを聴いていた10年前と何も変わってないのでは?」

 

 

・・・まあ米津玄師だって元ボカロPだし、Eveだって歌い手だったし僕の音楽はニコニコ動画に支えられてるってことですね(震え

 

 

 

てかGigaちゃーんReolとAdoでコラボ曲作ってくれーー頼むーーーー